【大阪】 カウンセリング心理の「学び」、こころに寄り添う「相談」、心地よく集まる「場」!! 心理カウンセラー、キャリアコンサルタント、家族相談士の各養成講座を開講中!
star初めてご覧になる方へ star修了生・受講生の方へ star企業・団体・学校関係者の方へ starアクセスマップ

スペシャリストになるために

スペシャリストになるために

出満喜代さん

(財)関西カウンセリングセンター認定キャリア・コンサルタント 2006年 3月取得

voice22_01  定年後も仕事がしたい。年齢や経験がプラスになる仕事をと考え、50才の時、カウンセリングの勉強をはじめた。幼い頃、父親が仕立て職人として働く姿を 見て、職人のすごさ、スペシャリストにあこがれていた。大学卒業後は外資系の機械メーカーに就職、キャリア・ウーマンとしてずっと働くつもりだったが、結 婚後、退職。挫折感を味わう。11年間の専業主婦のあと、なんとか働き出すが、資格もなく親の介護などで5年毎に転職。

カウンセラーになるより、キャリア・コンサルタントは、いろんな職種、職場の経験が活かせるのではとまずは、キャリア・コンサルタントの資格を取得。 さっそく関西カウンセリングセンターからの情報もあり、高等学校の就労支援員として活動をはじめた。その後、ハローワーク、女性センター、また就労支援や メンタルヘルスの講師として活動の幅を拡げながら、カウンセリングの勉強も継続、心理カウンセラーとしての資格も取得した。国家資格の2級キャリア・コン サルタント技能士の資格も取得し、現在は障害者の職業能力開発の場で精神衛生相談員として活躍、キャリアとカウンセリング両方の学びを活かしている。

なによりもキャリア・コンサルタントやカウンセリングの勉強は、自分の在り方も変えてくれた。家族との関係、なんのために働くのかを深く考えるようにな り、良い妻、良い母でなければと思いこんでいたのは、他でもない自分だと気づいた。「楽になって、すごく元気になった。」という。

女性のキャリアについて思うことがある。「実は私も夢って実現できるものと思ってなかった。専業主婦で子育ての時は、すごく焦りました。でも、長くても 10歳まで、時期を逃がすと子どもが愛を素直に受け止めてくれない。この期間焦らず、子育てを主体にしながら、自分の夢を探す。自分の夢、ゴールのイメー ジがあれば、実際に実現できるし、実現するのは、あなた自身ですよ、ということは、伝えたいですね。近くで働きたいとか、土日は必ず休みたいとか、そうい うことが大事な人は、家庭を大事にしたいと思っている。“あ、私はいまこれを大事にしているんだ”と確認してもらう。自分自身に気づいた上で、じゃあ、ど うしようということなんです。キャリア・コンサルタントは生き方アシストですね。」

修了生・受講生の声

TEL 06-6809-1225 受付時間 09:30~18:30(日・祝日除く)

  • LINEで送る

修了生・受講生の声

  • メールでお問い合わせはこちら

友の会

CC国家資格Q&A

統合的心理療法

ココロトレーニング検定

こころの相談室
1000円カウンセリング


  • 関西カウンセリングセンター Facebook
    • facebook
    Copyright © 1965-2014 KANSAI COUNSELING CENTER All Rights Reserved.