【大阪】 カウンセリング心理の「学び」、こころに寄り添う「相談」、心地よく集まる「場」!! 心理カウンセラー、キャリアコンサルタント、家族相談士の各養成講座を開講中!
star初めてご覧になる方へ star修了生・受講生の方へ star企業・団体・学校関係者の方へ starアクセスマップ

誰にでも来る明日をどう生きるかは自分次第

誰にでも来る明日をどう生きるかは自分次第

清水健一さん

(財)関西カウンセリングセンター認定キャリア・コンサルタント 2011年 9月取得

voice23_01  家庭の事情で高専を中退。フリーターとして様々な仕事を体験。整骨院の助手。IT講師。大手アパレルの採用アテンド業務。健康食品販売。介護病院のス タッフ。振り返れば、すべて人とかかわるしごとに就いてきた。特に介護病院での患者さんに託された言葉が忘れられない。地位も名誉もお金も得た患者さんが 死を前に、「行きたい道をいけよ」そこで人生とはなにか、仕事とは、考えるきっかけをくれた。

関わる仕事のプロ、キャリア・コンサルタントをめざすため、関西カウンセリングセンターへ。中途半端に投げ出し、逃げてきた自分だからこそ、再起をかけ てふんばった。そんな自分を支えてくれた講師、仲間。思えば、自分の意識がかわるより、環境が変わると人が変わる。その環境が関西カウンセリングセンター にあった。

また、「お金」は仕事にとって大きな要素。お金の問題を抜きに支援はできないと考え、キャリア・コンサルタントのみでなく、FP3級、証券外務員の資格も同時に取得した。

資格取得後、人のあまりいかない道を選んでみようと、派遣会社から生活保護の就労支援の場へ。そこには人生のドラマがあり、いままでの学び、経験がすべ て生きてきた。人を動かすのは想い。支援者としてその人といっしょに人生を併走する。つぎつぎと成果を上げ、区役所の実施方針策定にもかかわり、支援全体 の活性化につながった。

今年からは、数カ所の少年院で、キャリア教育・支援に関わり、10代の少年に、働くこと生きることの意味を伝えている。自分自身が少年達の環境のひとつになりたいと奮闘している。

「誰にでも来る明日をどう生きるかは自分次第。人生の夢や目標は、すぐには見つからない。キャリアは轍(わだち)と言うならば、僕は方向性が最も大事だ とおもう。就職させるのが目標ではなく、方向性を共に見出すのがキャリア・コンサルタントの使命。方向性が見えれば、自ら動くことができる。だからカウン セリングの学びは必須。支援には傾聴、そして洞察も必要。それを学べる場所はここだと思う。」

修了生・受講生の声

TEL 06-6809-1225 受付時間 09:30~18:30(日・祝日除く)

  • LINEで送る

修了生・受講生の声

  • メールでお問い合わせはこちら

友の会

CC国家資格Q&A

統合的心理療法

ココロトレーニング検定

こころの相談室
1000円カウンセリング


  • 関西カウンセリングセンター Facebook
    • facebook
    Copyright © 1965-2014 KANSAI COUNSELING CENTER All Rights Reserved.