【大阪】 カウンセリング心理の「学び」、こころに寄り添う「相談」、心地よく集まる「場」!! 心理カウンセラー、キャリアコンサルタント、家族相談士の各養成講座を開講中!
star初めてご覧になる方へ star修了生・受講生の方へ star企業・団体・学校関係者の方へ starアクセスマップ

三郎先生のカウンセリングコラム:癒しの空気

三郎先生のカウンセリングコラム No4

―癒しの空気―

カウンセリング・ルームそのものが癒しの空気で満ちている、そのような空間でありたいものです。
何度か不登校の子どものことで相談に来られたあるお母さんが、「ここにおるだけで心が空になります。」と言われました。私はその後カウンセリング・ルーム(と言っても書斎)を「心空館」と名づけました。クライエントが来られる前にはいつも掃除は怠らず、常に何か花を活けて待つことにしています。花は自宅で植えている季節の花。椿は寒椿から春先まで咲き誇る侘介が数種類、初夏にかけてはバラ、菜の花、アジサイ、ホトトギス等々。花のないときはありふれた草でもいい。何か生命のあるものがほしいのです。額に入った「如意輪観自在菩薩」(河内長野にある観心寺所蔵の国宝)の写真が部屋を見守っています。AAA

数年前テレビに登場した佐藤初女(はつめ)さんに心惹かれました。初女さんは青森県弘前市の岩木山の麓に「森のイスキア」という名のロッジを開設し、多くの悩める若者にその地の空気とその地で採れた新鮮なもので調理した食と「おにぎり」で生きる勇気と活力を与えている無言のセラピスト。話をじっくりと聞くだけでその場に「存在」する。帰りにはアメリカのある修道院から贈られた古い鐘を鳴らして見送るそうです。
イスキアとはどこにあるのか小さな島の名前です。すべてにやる気をなくしたある青年がイスキア島にある壊れた教会で1人ひっそりと生活し自分を見つめなおし、3年経って子どもの頃の瑞々しい生命力を取り戻したというエピソードから採ったそうです。

毎年遊びに来てくれる教え子達と北の天満宮を訪れたとき、インド人らしい人が露店で直径15センチぐらいの手作りの鐘を大小並べて売っていました。手にとって見ると素晴らしい音色です。2千円を1500円で迷うことなく買い求め、私の家の玄関のドアにつけました。実にいい音色で静かに開けても静かに鳴る。
初女さんの鐘ではないにしろ、それ以来クライエントを帰り際に鐘を鳴らして見送ることにしています。

先日様々な苦悩を乗り越えてきたある女性が、「先生の家の敷地に入るだけで癒される感じがします。」と言われ感動しました。最近よく言われるのです、「ここにおるだけで癒されます。」と。
「癒しの空気!」カウンセリングの至らないところを空気が補ってくれていると感じ嬉しさがこみ上げてきます。

友の会

TEL 06-6809-1225 受付時間 09:30~18:30(日・祝日除く)

  • LINEで送る

友の会

  • メールでお問い合わせはこちら

友の会

CC国家資格Q&A

春キャンペーン

ココロトレーニング検定

こころの相談室
1000円カウンセリング

統合的心理療法


  • 関西カウンセリングセンター Facebook
    • facebook
    Copyright © 1965-2014 KANSAI COUNSELING CENTER All Rights Reserved.