【大阪】 カウンセリング心理の「学び」、こころに寄り添う「相談」、心地よく集まる「場」!! 心理カウンセラー、キャリアコンサルタント、家族相談士の各養成講座を開講中!
star初めてご覧になる方へ star修了生・受講生の方へ star企業・団体・学校関係者の方へ starアクセスマップ

親子三代のカウンセリング

三郎先生のカウンセリングコラム No,16

―親子三代のカウンセリング―

40代後半の女性Mさんは全く不思議な縁でカウンセリングを受けに来られました。

高校入学と同時に不登校になった息子さんのことでカウンセリングを受けに来られたことのある女性が庭のバラの手入れをしているところをMさんが偶然通りかかり、「まあ!素晴らしいバラですねー」と声をかけたのがきっかけで親しくなり、私が紹介されカウンセリングを受けにくることになったのです。
このように偶然、かつてのクライエントの紹介でカウンセリングを受けに来られることは稀ではありません。
私は、Mさんのような壮絶な人生の苦悩を背負って「どっこい」生きてきた女性に今まで出会ったことがありません。その苦悩はとても口にすることも、勿論文章にすることもできません。これほどの大きな苦悩を背負いながら「よくぞ生きてきた」と思いますが、彼女の豊かな感性と自我の強さに助けられ、丸2年約40回の面接で終結を迎え、人のお役にたつ仕事を見つけ生き生きと「生き直し」を始めました。

終結して間もなく、Mさんの娘さんが1人息子の子育てに躓き相談に来られました。
Mさん、娘さん、お孫さん3人同時のカウンセリングです。お孫さんは小学校の入学式の次の日から、「学校へ行きたくない」と言って毎日泣くのだそうです。娘さんが毎日学校まで連れて行く日が続きます。「泣いてもいいよ!」の一言が効いたのか、次の日から集団登校できるようになり、今5年生です。
親子3代続いたカウンセリングの結果、それぞれが負の連鎖を乗り越えていきました。
Mさんから始まり、Mさんと母との関係を娘さんが引き継ぎ、孫へと連鎖が続く。
私はMさん一家から、負の連鎖の現実を知り、そこを乗り越える親子の奮闘につき合い、負の連鎖を断ち切るカウンセラーとしての術を教えてもらったのです。

今では親子3代そろって、年に数回遊びに来られます。
その一つが我が家のぶどう狩りです。
今年はぶどうは豊作で、巨峰とピオーネ合わせて100房以上。よく実っていそうなぶどうの袋にお孫さんの名前を書いてやりました。サプライズです。

友の会

TEL 06-6809-1225 受付時間 09:30~18:30(日・祝日除く)

  • LINEで送る

友の会

  • メールでお問い合わせはこちら

友の会

CC国家資格Q&A

統合的心理療法

ココロトレーニング検定

こころの相談室
1000円カウンセリング


  • 関西カウンセリングセンター Facebook
    • facebook
    Copyright © 1965-2014 KANSAI COUNSELING CENTER All Rights Reserved.