【大阪】 カウンセリング心理の「学び」、こころに寄り添う「相談」、心地よく集まる「場」!! 心理カウンセラー、キャリアコンサルタント、家族相談士の各養成講座を開講中!
star初めてご覧になる方へ star修了生・受講生の方へ star企業・団体・学校関係者の方へ starアクセスマップ

三郎先生のカウンセリングコラム

  • HOME »
  • 友の会 »
  • 三郎先生のカウンセリングコラム

三郎先生のカウンセリングコラム

センターの老賢人と慕われている心理カウンセラーの先生です。
「真のラポール」とは・・・を追求されています。
一言で語れるものではないですが、先生のお人柄に惹かれます。

木に花をつけるのは命を懸けている No.24

花をつけて一生を終える植物があります。リュウゼツラン(竜舌蘭)という植物は約25年すると・・・続きを読む

植物は学習し、個性がある No.23

以前「植物と対話する」とコラムで書いたことがありますが、そこから発展的に感じることが・・・続きを読む

―「転移・逆転移」はどこにでもある― No.22

カウンセリングの学びの中で、「転移・逆転移」を理解するのに、どれだけエネルギーを費やしたことでしょう・・・続きを読む

―完璧主義の克服― No.21

禅寺の枯山水の庭について極めて興味深いことを書いている書に出会いました。広い庭を落ち葉一つないまでに完璧に掃除し・・・続きを読む

―カウンセラーになるための通過儀礼― No.20

河合隼雄氏がカウンセラーになるための通過儀礼として、クライエントから「罵倒されること」だと、どこかで・・・続きを読む

―寛容― No.19

寛容という語は免疫学の言葉だと、世界的に有名だった免疫学者、多田富雄氏の「免疫の意味論」を読んで驚き・・・続きを読む

―カウンセリングの起承転結― No.18

―人はカウンセリングで何が変るか?― No.17

―親子三代のカウンセリング― No.16

―植物と対話する― No.15

―カウンセラーは人間が好き― No.14

カウンセラーはクライエントの決断を支持する― No.13

カウンセラーはクライエントに治癒される― No.12

―カウンセリングと絶対評価― No.11

カウンセリングはドラマである― No.10

―『受容・共感・自己一致』は古い!?― No.9

―科学と宗教の狭間― No.8

―言葉は生きている― No.7

―樋口和彦先生を偲ぶ― No.6

―積極的共感― No.5

―癒しの空気― No.4

―心に寄り添う― No.3

―家族構成を聞きたくなる?― No.2

―初回面接とキーワード― No.1

山本先生のご紹介

山本三郎先生 (心理カウンセラー)

ヤマモトさん

プロフィール:1936年(昭和11)年、大阪府岸和田市に生まれる。大阪府立岸和田高校卒。大阪市立大学文学部英文科卒。泉南町立西信達中学校、大阪府立登美丘高校、大阪府立泉鳥取高校教諭を経て、関西カウンセリングセンターで心理学を学び、同センターカウンセラー適任証取得(樋口和彦審査委員長賞受賞)、60歳で大阪学院大学・学生相談室カウンセラーに就任。70歳にて退官。発行著書・冊子多数。カウンセリング界の老賢人と慕われている。(文:田村繁樹)

山本先生の講座はこちらからご覧になれます

エンカウンター・グループ
事例から学ぶ

友の会

TEL 06-6809-1225 受付時間 09:30~18:30(日・祝日除く)

  • LINEで送る

友の会

  • メールでお問い合わせはこちら

現任者講習

kscc統合的心理療法家養成プログラム

統合的心理療法

ココロトレーニング検定

SNS相談

こころの相談室

友の会


  • 関西カウンセリングセンター Facebook
    • facebook
    Copyright © 1965-2017 KANSAI COUNSELING CENTER All Rights Reserved.