みやTのカウンセリング実践力通信2

 

◆カウンセリング・コラム④ : 「自分の価値判断を、『カッコ』に入れよ!」

カウンセリングの「基本」に立ち戻って、考えてみたいと思います。

「一般の人の聴き方」と「カウンセラーの聴き方」とでは、いったい何が違うのでしょうか?それは、以下の図のように示すことができると思います。

 

普段の聴き方              

一般人の聴き方

 

この「物事」には、どんなことが入っても良いのですが、
例えば、「上司に自分ばかりが厳しく怒られて、職場にいるのがしんどい」ということだとします。

一般の人が「悩みの相談」にのる際は、相手の「困り事」に対して、
「こうすればいいんじゃないか」、「こう考えたら」と、「アドバイス」してあげようとすることが多いのではないかと思います。
相手の「困り事」に対する「自分の考え」を伝えるわけですから、上の図の赤色矢印のような視点になります。

こうした「アドバイス」が役に立つこともありますが、多くの場合、「それはわかってはいるけど、できないんだ」とか、「そんなふうに言えるんだったら、苦労しないよ」となりがちです。

というのは、「自分にできること」と「相手にできること」は、違うからです。

断るのが上手な人もいれば、つい自分が我慢をして、うまく断れない人もいます。

 

または、「上司に自分ばかりが怒られるのには、あなたの態度にも問題があるんじゃないか」と言われると、「自分の気持ちはわかってもらえない」、「お説教された」、「否定された」となりがちです。

もっとも注意しないといけないことは、「安易な批判や否定を慎む」ことです。

 

こうした「批判」や「否定」、「お説教」は、おおむね「自分の価値判断」から出ています。

もし、「自分の価値判断」を「カッコ」に入れることができれば、それだけで、相手を傷つける可能性は格段に減ります。

 

★カウンセリングの聴き方

カウンセラーの聴き方

 

右の図のように、「自分の価値判断」を「カッコ」に入れて、「この人にとっては、それはどういう体験なんだろう?」ということを「理解しよう」として、相手の話に耳を傾けることが大切です。

この点については、次回詳しくお伝えしたいと思います。