ミヤTの【カウンセリング実践力】通信! No.12

みやTのカウンセリング実践力通信2

 

関西カウンセリングセンター専任講師の宮田智基が、カウンセリング実践力養成講座のカリキュラムから、カウンセラーを目指す人にWEB講義を発信します。カウンセリング実践力養成コースでカウンセラーが学んでいること、じっくり、たっぷりお伝えします。

◆実践力の極意 その12 :「パーソナリティを読み解け! ふりかえり」

ブログの更新が、大変長らく滞っておりました。「パーソナリティ」についてお話ししておりましたので、ここまでのところを一度振り返っておきたいと思います。また、今、ブームになっているアルフレッド・アドラーが、「パーソナリティ」をどのように考えたかについても、ご紹介できればと思います。

相互作用モデル ふりかえり

人間は、両親などの「重要な他者」との対人経験の中で、「人ってこういうものだな」「自分ってこういうものだな」という、「他者イメージ」、「自己イメージ」を作り上げます。また、そうした「他者イメージ」、「自己イメージ」に伴う葛藤や情緒の中で、特に中核的なものは「中核葛藤テーマ」と呼ばれます。例えば、「本当は甘えたいが、拒否されそうで甘えられない」、「人に嫌われないかと不安で、自分の思いが言えない」といったことです。

また、我々は、そうした「自己イメージ」、「他者イメージ」の「色眼鏡」を通して世の中を「認知」しています。そのために、「妥当性のある認知」もあれば、「認知の歪み」も生じてきます。例えば、「人は自分を嫌っている」という「他者イメージ」の「色眼鏡」をつけておれば、他人の些細な言動でも「私を嫌いだからだ」と意味づけやすくなります。

また、そうした「認知の仕方」に伴って、不安や自尊心の傷つきを避けるためにする対人操作が、「対処行動のパターン」、「対人操作のパターン」です。それは、対人的な振る舞いの中に現れてきます。例えば、「過剰適応」であれば、人から嫌われる不安を避けるために「良い子」をします。自分の思いを抑えて、周りに合わせることで、嫌われる「不安」を避けるわけです。

これらの4つの要素は、「パーソナリティ」の重要な構成要素になります。
アルフレッド・アドラーは、「パーソナリティ」のことを「ライフスタイル」と呼びました。「ライフ」とは、「生命」、「人生」、「日々の暮らし」であり、「スタイル」とは、文字を書く時であれば「文体」がそれにあたります。つまり、「ライフスタイル」とは、「生命」と「人生」と「日々の暮らし」の「筆跡」であり、「その人固有の認知と行動のパターン」であるとアドラーは考えました。

「性格は変えられるんですか?」という質問をよく受けますが、性格は変えられます。例えば、「筆跡」は何かの手本を見ながら意識的に努力をすれば変えられるように、「ライフスタイル」、「パーソナリティ」についても、そのクセをよく「理解」し、意識的に今までとは違うあり方を試みる中で、徐々に変えていくことは可能です。今までの「物の見方」や「対処行動」とは異なるあり方を勇気を持って試みる中で、その結果がうまくいけば、今度はそのあり方が「パーソナリティ」の中に取り込まれていきます。

ただし、「パーソナリティ」とは、「自分一人」の中に存在するものかというと、実はそうではありません。「パーソナリティ」は、「人と人との関係」、「人と人との間」に存在するものだとも言えるのです。その点について、次回詳しくご説明したいと思います。

 

<宮田先生の担当講座 受付中>
◆「アドラー心理学講座 ≪臨床編≫-アドラー心理学の実際-」」

【 日程 】2015年7月1日・7月29日・8月26日(水)
全3回  時間:19:00~21:00 (1回2時間)
【 講師 】宮田 智基 先生 (公財)関西カウンセリングセンター専任講師
【 定員 】40名
【 会場 】関西カウンセリングセンター8階研修室
【参加資格】どなたでもご参加いただけます。
【 受講料 】税込価格:12,960円(税抜価格:12,000円)
http://www.kscc.or.jp/?p=4576

 

◆「ミヤTの「実践!描画塾
【 日程 】全3回 (金曜日) 時間:19:00~21:00 (1回2時間)
①6月19日 講師・受講生の行った描画テストの解釈
②7月17日 受講生の行った描画テストの解釈
③8月21日 受講生の行った描画テストの解釈
【 講師 】宮田 智基 先生 (公財)関西カウンセリングセンター専任講師
【 定員 】15名程度
【 会場 】関西カウンセリングセンター8階研修室
【参加資格】「描画を読み解く-描画テスト入門-」にご参加頂いた方、描画テストの知識がおありの方
【 受講料 】税込価格12,960円(税抜価格12,000円)
http://www.kscc.or.jp/?p=4580