受講生の声

認定心理カウンセラー関連受講生の声

認定心理カウンセラー関連

第二の人生を生かされ、この10数年の間に 5千回を越えるカウンセリング体験

山本 三郎さん

関西カウンセリングセンター 認定心理カウンセラー

退職後、学び始めたカウンセリング

私は教師生活を55歳で退職し、関西カウンセリングセンターで心理学を学び、60歳で今の大阪学院大学の学生相談室でカウンセラーとして生かされる道を与えられました。5年残して退職するのは人生の一つの賭けでしたし、何度か挫折を体験したり、後悔もしましたが、今ではこの道を選んで正解だったと納得し、若い頃からの生き方も含め、すべてが今の人生の歩みに繋がっていると思います。
私がカウンセラーとして生かされるには何度か通らねばならない関門(通過儀礼)がありました。
私は、カウンセラーとしての駆け出しの頃、原因不明の頭痛で40日間のた打ち回ったことがあります。来室するクライエントのカウンセリングだけはこなしていたのですが、それ以外は寝たきりでした。あらゆる精密検査を受けましたが、「緊張性偏頭痛」としか診断は出ませんでした。当時私にとっては重篤すぎる38歳のクライエントと向き合っていました。数年間の記憶喪失と長女への虐待がその人の主訴でしたが、奇跡的に記憶が甦り、娘への虐待も深い愛情へと変容し終結を迎えました。私の頭痛もうそのように治まりました。私がちょうど激しい頭痛で苦しんでいた頃、そのクライエントも30日間頭痛で何も出来なかったそうです。未熟な私は丸々その症状をもらっていたことになります。これは私が今後カウンセラーとして生きていけるかが試される最初の通過儀礼でした。
何度かの通過儀礼を経て、カウンセラーとして生かされる「芯」が出来るのだと思われます。

クライエントから学ぶ

学生相談室でカウンセラーとして生かされ早13年になります。この間延べ 5千回に近いカウンセリング体験を重ねてきましたが、この体験が私にとってはカウンセリングの学びのすべてです。私は教師をしていたころ「教師は生徒から 学ぶ」ものだと思っていましたが、「カウンセラーはクライエントから学ぶ」ものだと思う以上に、今はクライエントこそ最高のスーパーバイザーだと思っています。

老いと向き合い、カウンセラーとして生かされている今の私の生き方が、私の長い人生の中で一番充実しているのではないかと感じています。

お気軽にご相談・お問い合わせください

06-6809-1225

受付時間:11:00〜18:00 / 月・祝日除く