資格の取得

SNSカウンセラー資格

SNSカウンセラーは通常のカウンセリングと異なり、非言語情報がないことやタイムラグが生じることなど、 難しさを抱える新しいカウンセリングの形です。そうした従来のカウンセリングにはなかった「価値観」「能力」をプロフェッショナルとして身につけ、 これまで相談や悩みを伝えることができなかった方達に貢献することを目指しています。

SNSカウンセラーとは

  1. 1

    全国SNSカウンセリング
    協議会認定

  2. 2

    新時代のカウンセラー

  3. 3

    求められる人材

SNSの時代、人々のコミュニケーションの形はどんどん変化しています。そんな時代の要請にこたえるのがSNSカウンセラーです。誰もがつながりやすい、相談しやすいツールとしてSNSの利用は、特に若年者を中心にますます活発になっています。それに呼応して、心理カウンセリングの新しい形として、現在、SNSツールを使った心理支援の場が急速に広がりつつあります。心の専門家であるカウンセラーが、SNS相談技術を身に着け、安心安全な質のよい相談の場を作っていくことは、社会の大きな要請なのです。 新しい次第のカウンセリングの在り方が、いまどんどん発展しています。

2017年SNSカウンセリングへの社会的要請にこたえるべく、民間団体による全国SNSカウンセリング協議会が発足しました。全国SNSカウンセリング協議会ではSNSカウンセラーの資格要件を検討し、SNSカウンセラーの資格登録制度を設置しています

資格取得の流れ

心理カウンセラー資格※1をお持ちの方は、SNSカウンセラー養成講座(理論編・実践編)を修了されると全国SNSカウンセリング協議会にSNSカウンセラーの資格登録ができます。 詳細は協議会HPをご覧ください

※1心理カウンセラー資格

  • 公認心理師(国家資格)
  • 認定心理カウンセラー(関西カウンセリングセンター)
  • プロフェッショナル心理カウンセラー(全国心理業連合会)
  • 産業カウンセラー(日本産業カウンセラー協会)
  • 臨床心理士(日本臨床心理士会)
  • ガイダンスカウンセラー(日本スクールカウンセリング推進協議会)

SNSカウンセリングの取り組み

2017年 9月長野県SNS相談事業 相談担当
2017年 11月大津市SNS相談事業 相談担当
2018年 2月 SNSカウンセラー養成講座開講
2018年 2月 SNSカウンセリング入門発売(北大路書房)
2018年 3月 厚労省自殺対策 SNSを活用した相談事業
2018年 3月 厚労省自殺対策 SNSを活用した相談事業
2018年 4月~全国11自治体のSNS相談事業を担当
2019年 1月  SNSカウンセリングシンポジウムin関西 開催
2019年 3月 厚労省自殺対策 SNSを活用した相談事業
2019年 6月 SNSカウンセリングハンドブック発売(誠信書房)
2019年 7月 SNSカウンセリングハンドブック記念講演会開催
2019年 4月~ 全国10自治体のSNS相談事業を担当

SNSカウンセラー養成講座紹介

関西カウンセリングセンターでは、2017年より全国にさきがけてSNSカウンセリング事業に着手し、SNSカウンセリングの方法について開発してきました。私たちの取り組みが基本ベースとなり、SNSカウンセリングはカウンセリング界のみならず、多くの方々の関心を集めています。SNSカウンセリングの学びは、心理カウンセラーとして活動するフィールドを広げることにつながります。 また、SNSカウンセリングは、テキストのやり取りのみで支援するという制約があるがゆえに、「言葉」のスキルを磨くことができます。 本講座「理論編」では、SNSカウンセラーとして知っておかなければならない必須の基本スキルをわかりやすくお伝えします。そして、「実践編」では実際のSNSカウンセリングの現場で使用されているチャットシステムを使っての実践演習がプログラムされています。 理論と実践! SNSカウンセリングを開発してきた関西カウンセリングセンターならではの本格的な講座です。 さらに、2020年度からは「理論編」がe-Learning方式によるオンラインでご受講いただけるようになり、どこからでも気軽に学んでいただけるようになりました。

SNSカウンセラー養成講座 ご紹介(2019年12月撮影)

SNSカウンセラー養成講座 詳細・お申込みはこちら

下記のボタンよりお申込みください

講師紹介

宮田 智基先生

  • 帝塚山学院大学大学院 教授
  • (公財)関西カウンセリングセンター講師・こころの相談室アドバイザー

【講師略歴】

  • 精神科臨床、学校臨床(中学校・高等学校)、学生相談臨床(大学生)、産業臨床(企業のメンタルヘルス)に従事し、様々な年齢層のクライエントのカウンセリングを行ってきた。
    対人関係精神分析、統合的心理療法、SNSカウンセリングを専門としている。
    現在は、帝塚山学院大学大学院にて教鞭をとりながら、関西カウンセリングセンターの講師として、社会人向けのカウンセリング教育にも関わっている。

【講師からのメッセージ】

SNS相談員は「受容・共感」といったカウンセラーの基本姿勢に加えて、SNS相談に適した相談技術を身につけている必要があります。
理論編では、①SNS相談員に求められる価値観や能力の要件、②SNS相談における基本姿勢、③SNS相談に適した相談技術、④SNSの特性を考慮した応答の工夫、⑤SNS相談の実施手順、⑥種々の事態への対応などについて学びます。
実践編では、SNS相談のロールプレイをグループで行い、SNS相談の実際に触れていただきます。相談員をする際は、非言語情報がないことやタイムラグが生じることなど、SNS相談ならではの難しさを体感していただきます。また、相談者をする際は、SNS相談員の応答によってどのように感じるものなのかを体験することができます。
SNSカウンセラー養成講座の研修をとおして、SNS相談を実践するために必要な技能の修得を目指します。

お気軽にご相談・お問い合わせください

06-6809-1225

受付時間:11:00〜18:00 / 月・祝日除く